外国為替市場としての外国為替証拠金取引(FX)について解説してみます。外国為替証拠金取引は、二種類のお金を取引することにより両者の差額の利益を儲けるという方策です。この二つの国のお金の関係で出る差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。このスワップ金利に関して、本来はスワップポイントといわれるみたいです。FXのスワップポイント(スワップ金利)とは、一日でも受け取れますが、為替の動きによって異なってくるとのことです。こんな外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)をもらうことが目的でFXのトレードを行っている人たちもたくさんいるようです。スワップ金利はFX業者ごとにも異なるのでできるだけ差益金額が高いFX業者を利用したいですね。ただしスワップポイントは為替の相場が動くことによって一緒に動いてしまうので用心してください。併せて、為替トレードをするためにはグラフを読めるのが必要となってきます。こうしたチャートを読み取れれば為替相場の動きを読む事が出来るようになるようです。外国為替初心者の人が見たとしたら、何を表している図表?と不思議に感じるのでしょうがツボをわかっておくことで図の理解が出来るようになるそうです。このタイミングで日本円が上がって来ている又は下降するだろうという感じで、この時が最近では円安になるだろうとこの図表を見て判断が出来るようになり、為替トレードをやるために非常に大切なものとなるそうです。図は、日本の場合はローソク足が使われるのが普通でその名前の通りローソクの形みたいな図表で表示されています。ローソク足(陰陽足)により高値と安値さらに終値と始値を表示していてチャート図においていろんな格好となって行きます。