FXに関しての魅力は一つの金融商品あるはずが、資金投下の期間を短・中・長の中でどれをセレクトするのかということによって、投資のやり方が大きく変わってくるところにあると言います。http://webmania.to

第一に外貨への投資の「長期の投資」に関して考えましょう。

長期のスタンスは一年以上の出資期間を前提にしているのが通常です。

一般的に為替相場においては一年も経った後の為替レートが円高と予測するか、逆に円安なのかを予測することはたいていの場合困難です。

当然「後々の変動は予言できない」と思うのが当たり前だと思います。

予測もできないものをがんばって予言しようと思ったところでそれは無理な行為なのです。

したがって他国の貨幣を買った場合、買ったタイミングの価格よりも円が高くなったとしてもそれは近いうちに円安になるはずだくらいの意識でやり取りにチャレンジするのが良いでしょう。

差益をがんばって追いかけることに限定せずそれ以外の儲け、それはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるということを最初の望みということでお金を預けましょう。

無論、ちょっとの間で差損に損がなってしまうこともあります。

このためその損があっても影響のないようレバレッジを少なめで売買する心がけは肝心です。

FXは、為替差損が一定範囲以上増大すると、追い証を求められたり、あるいは損切りがかかったりします。

ストップロス(ロスカット)をしたら、そこでトレードを清算しなければならず、長期のトレードができなくなります。

この手の危険を回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてトレードするべきです。

2番目に中期の場合の取引に関してです。

中期の場合は、最大で1?2ヶ月くらい経った頃を考慮しての売り買いであります。

為替の取引の時、1ヶ月ほど後のことであればだいたい推測可能だと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の世界的な集まりの議題や為替のトレードで売買している人たちがどんな事柄に興味があるかを見てみればそれなりに予想がつくでしょう。

上記のように経済情勢をチェックしながらなおグラフを参考にすることで、為替のレートの動向を把握する事ができ売買を見定めるのがベストです。

基本的に経済の状態とテクニックのどちらでも良い状況であり、または買いが同様の時は、ほとんど予想通りに変動すると思って良いでしょう。

そのような時は持ち金を増やすことで一層多くの利益を受け取れるのです。

3つ目に短期トレードの重要点です。

ここでいう短期トレードというのは言うなればデイトレードを意味しています。

為替でデイトレーディングを行う場合は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絶対に影響しないと明言していいです。

なぜならば次の日の為替のレートの動向に、経済の状態は関連がないからです。

ここでの、カギは大規模な行事があることで、そのために為替レートが大幅に変動する時を見過ごさないよう行動しましょう。

例を挙げると米国において雇用者の統計が公示される、または金利政策などにより制作金利が変動するというようなイベント。

こういったチャンスに変わり様を見逃さないといった意味合いで、短期スタンスは様々なデータが必須になる。