ノートパソコンのディスプレイの前で、止まることなく変化している相場を眺めていると、どことなく取引をしなければならないという抑えようの無い感情が沸き起こる方も多いです。ミネラル酵素グリーンスムージー ファスティング

しかし、なんとなく思いつきで売り買いをするのは避ける必要があります。ライザップ 八王子

確かに、外国為替市場は1日中、いかなる時でも為替市場が関いているし、相場も常に変動している。チャップアップシャンプーの効果

だからといって、考え無しに売買を積み重ねると、その分だけ損失を被るリスクが高くなります。昼顔 動画 最終話 無料

当然、注文の数を増やすことによって稼げる確率が五分五分になっていくのは事実です。無収入の専業主婦でも銀行カードローンなら夫に内緒で借入できる!

でもこれは「なんとなくアイデアでエントリー」とは話が異なります。ビローザ

注文回数を増やす事の意味は、自ずから「ここは!」と考える勝算を持ったケースでの取引回数を増やすという事を意味します。

特段の理由も無く、絶え間なく注文を積むのとは明らかに異なります。

市場の戦いに勝利するためには、自分が意識してメリハリをつけることが大事です。

「ここがチャンス」とよく考えた為替相場の時には、いっそ所有ポジションを多くして、利益を追い求めます。

「ちょっと悩ましい為替相場でどう上下するのかわからないな」と思ったならば執着しないで保持ポジションをひとつ残さず閉じて放置します。

それぐらいのテンポでやった方が、最終的には取引は勝利します。

市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通り。

為替取引とは、休みなくポジションを所有する事が大事ではなくどのポジションも持たないでじっと待っている事も場合によっては、必要です。

それならば、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、これからのマーケットがはっきりと分からない時です。

これから高くなるのか安くなるのか明確でない時は、思いつきで行動すると、自分で考えた筋書きとは異なった方向に外国為替市場が向ってしまい、損してしまいます。

そのような状況ではポジションを諦め何もせずに静観しているのがいいでしょう。

もうひとつの場面は、あなた自身の体の具合が変なときです。

コンディションと外国為替市場に関係性はないと思う投資家もいると思いますが意外と関係がある。

体の状態がよくなければ外国為替市場の大事な場面で正確な決定が出来ない場合が多くなります。

気乗りがしない時は、相場から目をそらす事も肝心な事です。