高校まで行くと英語をほとんどの人は6年間も勉強することになります。remery 使い方

私もそうでした。女性の薄毛治療費用

しかし、学校英語というものは英語圏の外国ではほとんど役に立たないということは外国を訪ねて初めて分かります。ジョンマスターオーガニック シャンプー口コミ

よく知らない場合は私が中学高校と習った英語の先生はもちろん日本人の先生で今のようにネイティブの英語を話す戦線ではありません。エクスレッグスリマー ダイエット

従って、良い意味でも悪い意味でも日本語のような英語ということでした。ヘルシアーナ水素

もちろん、学校英語でも読むことや書くことについてはしっかり勉強すればかなり大きな成果を上げることはできるでしょう。

しかし、問題は英語で会話をすることにつきます。

特に旅行などにおいては英語で一番重要であるのは、英語で現地で会話をすることです。

それが日本人の先生に習った発音などでは現地の人の比較的早い英語のスピーチには到底ついていけないことがわかります。

すなわち、ネイティブの英語がほとんど聞き取れないということなのです。

聞き取れないものが会話ができるはずもないのです。