自動車を売るとき、さらに車両の売却の時もどちらも印鑑証明が必要です。ハーブガーデンシャンプー

この印鑑証明という書類について解説しましょう。

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印として効力を持つという事実を実証するための書類です。

印鑑証明書がなければその印鑑について実印であることが証明できません。

個人にとっては相当高額な商談になる該当する車の売買ですから必然的に実印が要ることになりますが、その際に印鑑証明書が登場します。

役所で印鑑証明をつくるためには、発行前に印鑑証明の手続きをすることが必要です。

印鑑証明に登録する印は普通、実印と言われ、同じものが二つとない印鑑であることが条件です。

印鑑を準備して、自分が住む役所の案内係に行くことで、すぐに印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードを発行してもらえて、印鑑登録手続きをした判子は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには、役所の担当部署へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を埋めて印鑑登録カードを提示するだけでできます。

他にも、自動交付機で印鑑証明を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですのでいつの印鑑証明であっても証明書としての効力は続くということです。

ただクルマ買い取りの際には効力のある印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものとされています。

普通は有効期限の定めはないですが所有車の買取の際には相手側が必須となる有効期限を設定していますので、もし売却を考えているのならば、あらかじめ準備しておく必要があります。