一般にはクレカの限度額が通常使う金額よりゆるく設定していると問題ないと思い誤って必要以上にクレジットカードを使ってしまったりする傾向があるようです。ホワイトヴェール

こうしたカード使用の危険をコントロールするように決済可能な上限を少なめに申し込んでおこう・・・ということが、これから提案する本文のメインとなります。カニ通販年末年始

月ごとの限度額を引き下げる手順■カードの利用限度額を下げておくとは、限度額を増やすことといっしょで、すごく単純です。アヤナス

お手元のカードの後ろにプリントされているフリーダイヤルに問い合わせて「カードの限度額を下げていただけませんか」等とエージェントに指示するだけです。こたつ布団

おおむねすでにある月の利用限度額に対して少なければ面倒な調査もなく簡単に設定が終わります。草花木果

月の限度額を少なくしておくのはお金を守ることとも結びついている△月の限度額の抑制は、自分をコントロールできるというような効果は言うまでもなく自分を守ることにもつながります。草花木果

もし、財布の中のカードが紛失等により乱用された問題が発生しても、契約カードの月の利用限度額を少なめにコントロールしているなら危険を出来るだけ少なくすることもできるためです。

ここで言っておきたいのは、もしカードが勝手に使用されることになった問題が発生してもクレジットカードの保有者に詐欺に加担するようなことがない限り、盗難保険等で呼ばれる保険が加入者を助けてくれるので過度な心配は必要ないけれど、数パーセントの可能性のことを想定して必要のないカード上限額は減らしておいたら万全でしょう。

必要のない余裕はメリットのないことなんです。